2015/04/01

基盤研究(B) 量子アニーリングが拓く機械学習と計算技術の新時代の交付が決定しました.

2015/11/05

研究分担者 安田宗樹 が分担執筆を行った単行本「深層学習」が発行されました.more info

2016/01/28

(ヨッピーさん+大関真之)×社領エミのWeb記事
【誰でも分かる】量子力学ってなんなの?【入門編】が掲載されました.to read

2016/04/12

研究代表者 大関真之 が平成28年度文部科学大臣表彰若手科学者賞を受賞することになりました.皆様のご支援のおかげです。今後ともよろしくお願いします.more info

2016/11/30

研究代表者 大関 真之 による著書 ”機械学習入門-ボルツマン機械学習から深層学習まで-“がオーム社より発売されました。see more

2016/12/09

研究代表者 大関 真之 による共著 ”量子コンピュータが人工知能を加速する“が日経BP社より発売されました。see more

2016/12/12

"Quantum Monte Carlo simulation of a particular class of non-stoquastic Hamiltonians in quantum annealing” Masayuki Ohzeki
がScientific Reportsに採択されました

2017/01/10

Adiabatic Quantum Computing 2017が日本で開催されます。more to read

Langevin dynamics neglecting detailed balance condition

Masayuki Ohzeki and Akihisa Ichiki

Physical Review E, Vol. 92 (2015) 012105

Full-order fluctuation-dissipation relation for a class of nonequilibrium steady states

Akihisa Ichiki and Masayuki Ohzeki

Physical Review E, Vol. 91, (2015) 062105

Conflict between fastest relaxation of a Markov process and detailed balance condition

Kazutaka Takahashi and Masayuki Ohzeki

Physical Review E Vol. 93, (2016) 012129

Stochastic gradient method by accelerated stochastic dynamics

Masayuki Ohzeki

Journal of Physics: Conference Series, 699, (2016) 012019

Topological and dynamical properties of a generalized cluster model in one dimension

Takumi Ohta, Shu Tanaka, Ippei Danshita, and Keisuke Totsuka

Physical Review B, 93, (2016) 165423 (16 pages)

Statistical mechanical models of integer factorization problem

Chihiro Nakajima and Masayuki Ohzeki

J. Phys. Soc. Jpn. 86 (2017) 014001 (9 Pages)

Quantum Monte Carlo simulation of a particular class of non-stoquastic Hamiltonians in quantum annealing

Masayuki Ohzeki

to appear in Scientific Reports

大関 真之

研究代表者

田中 宗

研究分担者

安田 宗樹

研究分担者

中島 千尋

連携研究者

QuantumLearningは、基盤研究(B)「量子アニーリングが拓く機械学習と計算技術の新時代」の研究計画に基づき、遂行される研究活動及び、その成果を発信するための広報Webサイトです.
近年、急速に興味が高まり世界的熱狂の渦にある「量子アニーリング」.量子計算機としての興味・関心と同時に、その計算能力に対する理解に留まらず、計算機として利用したときにどんな世界に変わるのか?その問いに答えるのが我々の研究計画です.量子アニーリングベースの機械学習・新規計算技術手法の開発、古典と量子の計算能力の違いに注目して、古典計算機の能力の限界への挑戦、量子計算機の利点を明らかにします.

量子アニーリングが拓く機械学習と計算技術の新時代

研究種目

基盤研究(B)

研究期間

2015/4-2018/3

研究代表者

大関 真之

初年度交付決定額

5,200,000